HOME>人気記事>【東京で借りよう】貸事務所のメリットとは

目次

設備が整っているから安心

スーツの男女

新しく事務所を開きたい方や増設したい方は物件の立地も重要ですが、その後の準備も一からとなると時間もコストもかかります。事務所には事務機器類やオフィス家具などは必須ですし、間取りもオフィスに適していないと使い勝手が悪くなってしまいます。あらかじめ事務所として使うことが前提の貸事務所を見つけることが効率化につながります。東京では多く存在していて、事務所として使うことが前提なのである程度の設備が始めから整っています。電話回線やネット回線が引き込まれていたり、間取りがビジネス向けになっていたりして自分たちで一から用意しなくても済みます。

初期費用のカットに有効

オフィス

事務所を開くときには家具や事務用品を揃えなくてはなりません。東京で貸事務所を利用すればある程度の設備が整っているので、新たに買いそろえるものが減るため初期費用を抑えることができます。事務所を新たに開くときは費用が何かと掛かってくるものですから、カットできる経費は無駄に使わない方が助かります。貸事務所なら大きな金額になりがちな設備関係の費用を抑えられますので、事務所のスタートにはお勧めです。また、準備する時間も省けるので短時間で本業務をスタートできる点も無駄のカットに繋がります。

見学は欠かさず行おう

仕事

東京の貸事務所はネットや不動産会社で検索や紹介してもらえます。ある程度希望の物件が絞れたら、現地を見学させてもらうのが後悔をしないコツです。周囲環境や実際の使い勝手や設備の状況を確認しましょう。これで決まりとなれば契約に移ります。その際には借主は基本的には会社となりますので、会社の法人としての書類や印鑑が必要になることが多いです。ある程度話が進んできた段階で法人登記や法人の印鑑証明などを取り寄せておくと便利です。

書類の不備には気を付ける

オフィス

契約時に記入漏れや間違いがあると手続きが進まずに使用開始日が遅れてしまう可能性もあります。貸事務所のスタート日がくるってしまうことがないように注意しておきましょう。必要書類がそろっているかや記入漏れや印漏れがないか、書類の発行日が規定以内かも要チェックです。東京では3か月以内に発行が多いですが、場合によっては異なることもあります。

広告募集中