HOME>人気記事>オフィス移転業者の選び方とネットワークの移行方法の違いについて

オフィス移転時に注意すべき事

オフィス移転では、備品などとともにネットワーク機器も持っていきます。しかし、会社によっては、独自のネットワークを使用している所もあるでしょう。その場合、ネットワークの移行作業も行わないといけません。その方法を下記にて紹介しているので、どちらかの方法をとると良いでしょう。

オフィス移転時のネット機器の扱い方を比較

ネットワーク機器持っていく方法

オフィス移転する際に、ネットワーク機器を持っていく会社も少なくないでしょう。その場合、運ぶ際にダメージを与えてしまうことの無いように気を付けないといけません。特に、衝撃や湿度には、十分注意するように移転業者に伝えておきましょう。

ネットワークを新設する方法

古いネットワーク機器のため、引っ越しの際に買い替える会社もあるでしょう。その場合、新たなネットワークを新設しなくてはいけません。ただ、それには時間がかかるため、ネットワーク機器を持っていく会社に比べて、ネットワークの移行に時間が必要になります。何故なら、社内のネットワークを新設するエンジニアの方と話し合って、どんな段取りで行うか決めていかなくてはならないからです。なので、ネットワークを新設する際は、期間を大幅にとっておき、ギリギリでの新設作業にならないようにしましょう。

個人情報の取り扱い

オフィス

景気の回復基調を受けて、新しくビジネス展開をする企業が増えています。また、店舗を拡大するためにオフィス移転を考えるケースもあります。オフィス移転が通常の引っ越しと違うのは、個人情報の取り扱いだと言われています。パソコンや電話は精密機器ですし、扱いを誤ってしまうと全てのデータが消えてしまいます。漏洩事故の懸念もありますし、専門の業者に依頼をするのがベストです。オフィス移転にかかる期間は、一週間~二週間ほどだと言われています。顧客に迷惑をかけないことが一番ですし、それまでと変わらぬ業務を可能にしてくれるはずです。業者はプロフェッショナルな集団ですし、慎重で迅速な移転を心がけてくれます。成長を後押してくれるパートナーです。

信頼と実積

業者の探し方に関してですが、インターネットの口コミを参考にすると良いのではないでしょうか。地方から都市部へのオフィス移転が増えているので、実際に依頼をした方の声が何よりも参考になります。失敗しないベストな方法です。

広がるサービスに関して

オフィス移転業者が行うのは、荷物運びだけではありません。不用品の処分や買い取りを行う業者も増えていますし、移転を機に業務をスリム化することが出来ます。従業員のモチベーション維持にも、大きな役割を果たしてくれます。

広告募集中